メイクを落とし大人気商品!
>>ディープミネラルクレンジング<<

島谷ひとみがブログでアップした写真が劣化して50代以上のおばさんの顔に見える!?

アイドル, アーティスト

スポンサードリンク

島谷ひとみ劣化

2000年前半に『亜麻色の髪』で大人気を果たした歌手の島谷ひとみさん(34)。他にも『パピヨン』『シャンティ』などの名曲を残している美人歌手アーティストです。歌手活動以外にも舞台やCMなど多数のメディアに出演していました。また、プライベートでは仲間由紀恵さんと、食事や旅行に出かけるほどの仲が良いも交流が深いと知られております。

国仲涼子さんとはデビュー前からの同じマンションに住んでいることもあり、お友達であることも本人が語られております。

そんな島谷ひとみさんが公開したブログから劣化がひどいというニュースが多く広がりインターネットで騒がれています。実際の真相はどのようになっているのか?

スポンサーリンク

〔以下引用↓〕

島谷ひとみがブログにアップした近影写真が、ネット上で「美魔女みたい」と話題になっている。実年齢を感じさせない若々しい外見の女性を指す「美魔女」という言葉だが、33歳の島谷に向けられた「美魔女」には、「若作りしたおばさん」という不名誉な意味合いが込められているようだ。

 問題のブログは、今月2日。新曲「やぶれかぶれ」のPRに勤しんでいるという内容の文章とともに、前髪をアップにしたゆるふわパーマで、笑顔を見せている島谷の写真がアップされたのだが、ネットユーザーの間では“劣化”を指摘する声が飛び交ってしまった。

島谷ひとみ過去現在写真

「確かに、フェイスラインのゆるみと髪型のせいで、実年齢よりもかなり上に見えますね。『美容に気を使ってる40代』『50代にも見える』などといった声がみられるほか、ニューハーフのようなケバさを指摘する声も。また、インパクトのない顔立ちゆえに、島谷ひとみと言われなければわからないという人までいました」(芸能ライター)

 2002年に「亜麻色の髪の乙女」でブレークしてからはや12年。「島谷はこれといったカラーがないタレントというのが特徴」と語るのは、芸能プロダクション関係者だ。

「島谷は、良くも悪くも器用貧乏。歌だけでなく、ミュージカルや舞台でも“そこそこ”の評価で、その適度な優等生具合が、使う側からすると『面白くない』と言われてしまっているようです」(同)

 とはいえ島谷は、芸能界で最強の力を持つといわれる、バーニングプロダクションの所属。バーニングの御用達タレントで出演枠が埋められている『モーニングバード!』(テレビ朝日系)、通称“バーニングモード”にもレギュラー出演しており、コメンテーターという新たな一面を見せている。

「島谷はほかにも、07年から5年連続でミュージカル『赤毛のアン』の主人公・アンを演じたことが話題になっていましたが、その制作発表は、マスコミにとって『バーニングへの挨拶』の意味合いが強かった。毎回毎回、会見の案内がバーニングから直接届くため、各メディアにとってはそれなりに大きな“恒例行事”でしたよ。島谷本人が、そのことに気づいているかは定かではありませけどね」(スポーツ紙記者)

 こうした背景が、本人にとってストレスとなっているかはわからないが、現在の島谷からは、かつての面影がだいぶ薄れてしまっているようだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

これについてインターネットの反応は・・・

『島谷ひとみは美人だったから少しショックが大きい』

『さすがに30代前半の顔ではありえない』

『写真を見たときにだれかわからなかった』

『当時は壇蜜のような存在だった』

『50代のオバサンと呼ばれても仕方があるまい』

『すっぴんは誰だかわからないけどこれは中々ひどい』

などの書き込みがありました。テレビに出ている時は美人だったイメージが強いだけにコメントも多く寄せられるのでしょう。当時の顔には戻れなくても清楚な島谷さんに期待したいと思います。

スポンサードリンク

大人ニキビNo.1クレンジング!
>>ディープミネラルクレンジング<<

コメントを残す

サブコンテンツ
お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP