メイクを落とし大人気商品!
>>ディープミネラルクレンジング<<

小島瑠璃子(こじるり)が板野友美(ともちん)の人気を越える?ホリプロの動向は?

アイドル, テレビ番組・映画, 噂・ゴシップ

スポンサードリンク

ともちんとこじるり画像

スポーツキャスター、バラエティ番組など、どのチャンネルに変えてもテレビで良く見かける小島瑠璃子(こじるり)。日本を代表するホリプロに所属している彼女は、事務所からも神押しされていることがあるようです。

また、同じ事務所に所属する元AKB48板野友美(ともちん)の人気を越えてしまった?という噂のニュースが報じられています。

年齢差のない彼女達だが今後は先輩後輩のカギネを越えてしまうのであろうか?

【関連記事:北川景子(麻木千佳)はHEROで事務官だけど元ヤンキー?衣装のスーツが似合いすぎ!演技は下手?

〔以下引用↓〕

 和田アキ子を筆頭に、綾瀬はるか、妻夫木聡、深田恭子、船越英一郎など多彩なタレント陣を揃える大手芸能プロダクション、ホリプロ。なかでもこのところ活躍目覚ましいのが、2009年の「第34回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した小島瑠璃子だ。

 グラドルとしても活躍していたが、最近はバラエティー番組に引っ張りダコ。また、スポーツキャスターとしてTBS系『S☆1』のメーンMCも務めている。
 所属はホリプロでも、バラエティー色の強いプロダクション2部。“先輩”には小島の尊敬する元AKB48の板野友美もいる。
 その板野とは、TBSの深夜のバラエティー番組『板野パイセンっ!!』で共演しているが、番組スタッフいわく「板野さんの冠が付いていますが、小島さんの人気の方が高く、彼女のおかげて持っているようなもの」。当初、板野のバーター的な立場だった小島が、気付けば“主役”を食ってしまったというわけだ。
 別の番組関係者も「板野さんは相変わらずというか、現場でも覇気がなく、休憩中はずっとケータイをイジっています。片や小島さんは礼儀正しく、スタッフとも笑顔で言葉を交わす。何より頭の回転が速く、場の空気を読むことに長けている。各局のプロデューサーが絶賛するのもわかりますよ」と同調する。
 女優やバラエティー系のタレントを数多く抱えるホリプロだが、小島のように弁が立ち“場を仕切れる”女性タレントは希少。
「ホリプロとしては“ポスト井森美幸”として育てていきたいようです。一方、板野さんはAKBを卒業したあたりから、今後の方向性がイマイチ見えてこない。事務所としても“小島推し”のようです」(芸能プロ関係者)
 もはや小島は、板野パイセンを超えてしまったようだ。

【引用元:日刊サイゾー】

スポンサーリンク

板野パイセンっ!!はこじるりで数字を持っている?

板野と小嶋

番組のタイトルは板野友美さんの名前で持っていますが、スタッフや関係者の本質的には小島瑠璃子(こじるり)で番組が作られているような部分があるのだろうか。

本人達は何も分かっていなくても、やはり番組を作るのは大人の人たちですからね。

最低限の挨拶やコミュニケーションで、スタッフと演者の信頼関係が、大幅に変わってくることを板野さんは理解していないのか?

これについてソーシャルの反応は・・・

『こじるりウザイけど見てしまうね。ともちんよりはいいわ』

『板野が冠なんて持ってみる人いるの?いつも思うけど勘違いアイドル』

『和田アキ子とかに怒鳴られてほしい。ともちんの時代は終わったよ』

『アルバムとかも出しているらしいけど、歌唱力を自分の耳で聞いてみて』

『小島瑠璃子は田中とスポーツ番組だけでいいのに。いっぱい出るから面倒なんだよ』

『事務所も押し過ぎているのがあるんじゃない?ほどほどに』

『どうせこんな番組すぐ降板するっしょw大島優子に変えて〜』

『AKBでソロとして活躍していけるのは数人しかいないけど、板野友美は、、、』

『見ていて不仲ではなさそうだけど、お互いに裏の顔はありそうだな♪』

『人気がでると色々言われるし大変だな、アイドル達ってw』

などの書き込みがありました。

こじるりとともちんは、若い人の間では人気があるでしょうが、果たして年齢層を越えた人たちからはどう映っているだろうか。見た目的にも小島瑠璃子という存在の方が印象が良いと思う人も少なくないであろう。

板野友美として、歌手、バラエティと何がしたいのか。明確に定まっていないような気がするところもありますね。

スポンサードリンク

大人ニキビNo.1クレンジング!
>>ディープミネラルクレンジング<<

コメントを残す

サブコンテンツ
お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP