偽ふなっしーが兵庫県高砂市に!子供のためにやった犯行とは?!

トラブル・衝撃, 事件•ハプニング

スポンサードリンク

偽ふなっしー兵庫高砂市

ゆるキャラが集まる大きなイベントにふなっしーを装った『偽ふなっしー』が兵庫県高砂市に登場したことがニュースとしてピックアップされています。

ふなっしーといえば、個人事業主として様々なテレビ番組、グッズ販売、イベント活動に貢献している、くまもんを越えたと言われる程の業界を変えたゆるキャラです。この一件に関して、著作権の問題が生じているようだが一体どうなるのか?

スポンサーリンク

〔以下引用↓〕

市制60年を記念して兵庫県の高砂市で1日に開かれた「ご当地博」で、全国のゆるキャラが集う会場に、千葉県船橋市の非公認キャラ「ふなっしー」の“偽物”が現れ、不審に思った高砂署員に取り押さえられる騒ぎがあった。

 イベントは同市の主催で、ゆるキャラは熊本県の「くまモン」など47体が出演。ただ、「ふなっしー」は日程が合わず、オファーを断っていたという。

 同市によると、同日正午ごろ、偽物は会場で20~30人の子どもに囲まれていたが、ステージ上のご当地アイドルに「ふなっしーだ」と指さされると、慌てて駆けだしたという。会場外に出たところで警戒中だった高砂署員に取り押さえられた。

 高砂署によると、着ぐるみの中にいたのは自称加古川市の男性で、「母親の勧めで、自分の子どもを喜ばせるために着ていた」と話しているという。著作権の問題がないかどうかなどについて、同署は2日にも男性から任意で話を聞く予定。

 トレードマークのジャンプや甲高い声は発していなかったというが、目撃した女性は「記念撮影に応じて、転げ回ったりもしていた。まさか偽物だったとは…」と驚いた様子だった。(井上太郎)
【引用元:神戸新聞】

これについてtwitterやネットの反応は・・・

『ふなっしーが訴えたら莫大な賠償金が発生するんじゃねーか』

『せめて自分でゆるキャラ作って参加すればよかったのに』

『子供のためとか言い訳する人が最近は多いよ』

『偽物かわからんレベルやけど』

『気持ちはよくわかるけど、便乗して偽物作っちゃ問題になるのは承知の上でしょ?』

『高砂市だからバレないとか思ったのかな?て言うかこの人手作りなのかな』

などの書き込みがありました。
ふなっしーを知らない人は日本中探しても1割しかいないでしょう。こういうことすると問題になるのは当たり前ですから、大人げない行動をしてはいけないことぐらい本人もわかっていたのであろうか。

『子供のためにやった』というこの事件はどのように動くのか?

スポンサードリンク

モデル・タレント・俳優募集!
>> ウェスタ タレントオーディション(無料)<<

コメントを残す

サブコンテンツ
 
お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP