メイクを落とし大人気商品!
>>ディープミネラルクレンジング<<

コーナーキックから前半16分で本田圭佑がシュートで先制点!内田惜しくもゴールを逃す!

スポーツ, テレビ番組・映画, トラブル・衝撃

スポンサードリンク

本田圭佑先制点

NHKで独占方法された日本対コートジボワール戦が日本時間午前10時に試合が開始されました。海外で活躍する日本選手が多いこともあり、攻める日本のイメージだった。

そして前半16分に時間が動いた。
日本コーナーキックのチャンスで、本田圭佑のペナルティエリアからパスにより難しい体制からのシュートでゴールキーパーの左を抜け、みごと先制点を獲得。ワールドカップの初戦ゴールは、やはり日本が注目した本田圭佑だった。

続いて前半20分頃ゲームに動きをみせた。右サイドバックの内田がドリブルでコートジボワールでの選手を突破し、シュートを放ったが、惜しくもゴールキーパーに抑えられ追加点を逃してしまった。

その後もコートジボワールに攻めれるも何とか危ないシーンもディフェンス陣が守護し、前半戦は0点で逃げ切ることができた。

スポンサーリンク

〔以下引用↓〕

物心がついた時にはサッカーをしていた。単純にサッカーが好きだった。

 小学校の卒業文集で、「W杯で優勝する」と書いた。「親孝行のためだった。僕は父親にほめられた記憶がない。父親が喜ぶ顔を見たかった。そのためには、なにか大きなことをしたらいいんじゃないかと思った」。大阪府出身の本田は、石川県の星稜高で寮生活を始めるまで父子家庭で育った。

 やがてプロになり、欧州に渡った。2010年W杯南アフリカ大会で2得点をあげ、国民的なヒーローになった。大型のスポンサー契約を結び、年俸は億単位になっていった。試合の勝利ボーナスは紙袋に入った分厚い札束で用意された。

 他人がうらやむような状況で、自分への問いかけが始まった。(編集委員・忠鉢信一)

■「純粋な気持ちだけでは難しい」

 なぜサッカーをしているのだろう。本田圭佑は自分に確かめた。

 「もともとはサッカーがうまくなりたいだけだったのに、ビジネスの要素が大きくなった。純粋な気持ちだけでサッカーをすることが難しくなった」
【引用元:朝日新聞デジタル】

【関連記事】ワールドカップ2014日本代表全23選手メンバーの名前をご紹介!【ザックジャパン】

これにネットの反応は・・・

『本田圭佑先制点の1点はすごくテンションがあがったww』

『この試合しかゆっくり見える時間内から本当によかった』

『4年前の試合よりも攻める日本の試合に勇気を貰ったよ』

『海外で活躍する選手が多いから前向きだよね』

『遠藤が前半にはでていなかっただけど出てほしかったなぁ!だって男前だもん』

『内田選手のこぼれ球からのシュートは惜しかった。昔の日本だったらパスして終わっていた』

『パスよりシュートって感じが最高だったな』

『日本方がボールを持っている時間は明らかに多かったし、攻めている時間も多かった』

『時々、シュートで打たれて危なくなったが抑えてなぁ』

『コートジボワールのフリーキックは多少恐ろしかった』

『ブラジルだからとても蒸し暑く体力も奪われたのによく逃げ切ったよ』

などのコメントがありました。
グループCで大事な初戦となる日本でしたが、攻める日本の攻撃に誰もが喜びを見せたような気がします。本田圭佑選手の期待度により注目集まったのではないだろうか。元日本代表ゴールキーパーの川口選手も『彼は何をやらしてもトップクラスの選手』と褒め言葉もありました。

スポンサードリンク

大人ニキビNo.1クレンジング!
>>ディープミネラルクレンジング<<

コメントを残す

サブコンテンツ
お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP