メイクを落とし大人気商品!
>>ディープミネラルクレンジング<<

吉高由里子と仲間由紀恵が『花子とアン』で不仲で仲が悪い!?視聴率はよいのに何故!?

テレビ番組・映画, 事件•ハプニング, 噂・ゴシップ

スポンサードリンク

花子とアン

NHK連ドラ『花子とアン』の視聴率は右肩上がりにも関わらず、吉高由里子と仲間由紀恵が不仲というニュースが流れてきました。通常であれば、ドラマを通じて仲がよく親交関係に築いていくことも多いようだが、お互い知名度の高い女優タレントとしてライバル視ししてしまうところがあるだろうか。

出た仲間由紀恵の演技力は業界関係者からの評価が高いことが吉高由里子にとっては悔しさがあるのだろうか?

スポンサーリンク

〔以下引用↓〕

国民的ドラマとなった昨年度の「あまちゃん」「ごちそうさん」をしのぐ勢いで好調を続けている、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」。放送前は前2作と比較され、視聴率低下がささやかれていた。それだけに、主人公はなを演じるヒロイン・吉高由里子(25)にすれば、してやったりといったところだろうが、現場では浮かない表情でイライラする場面が目に付くという。

 その原因は、はなの“腹心の友”という重要な役どころを演じる仲間由紀恵(34)の演技力の高さだ。

「高視聴率の要因が、現場では仲間さんのおかげという雰囲気になってます。仲間さん演じる蓮子は波乱に満ちた人生を送り、その背景を背負った彼女の演技が素晴らしいんです。スタッフだけでなく共演者までもが、カメラが回った時の仲間さんにくぎ付けになっています。ところが吉高さんだけは、近藤さんが現場に来なくなってからは、隅でスマホをいじってることが多いです」(制作関係者)

 ここに出てくる「近藤さん」とは、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(31)のことで、はなが通う女学校の先輩役だった。吉高と近藤はプライベートでも仲が良く、さらに安室奈美恵(36)やベッキー(30)らを加えた「春菜会」は、今や芸能界の一大勢力になっている。

 近藤というプライベートでの“腹心の友”を失った吉高は、現場での“主役”の座を仲間に奪われてしまったという。

「最近は、控えていたお酒を飲んだり、ひとり焼き肉へ行ったりと、明らかにストレスがたまっているようです。仲間さんとの仲は悪くはありませんが、女優としては負けたくないでしょうね」と同関係者。
【引用元:東スポWEB】

これについてネットでの声は・・・

『女優同士なんてほぼ仲が良いなんて聞いたことがない』

『やっぱりこの噂は本当だったんだ〜』

『仲間さんは見た目よりもプライドも高そうだからな』

『視聴率イイんだから仲良くやればいいのにね。こんな情報観たらドラマを観る気がしない』

『吉高由里子は確実に性格が悪い!わがままっぷりが半端ない』

『負けてる気がするからってこのコメントは最悪だね』

『日村さんてモテる気がするんだけど!中身は絶対いい人』

などのドロドロした書き込みがありました。売れっ子タレント同士だからこそ、敬遠し合うことはどこの世界にもあることでしょうが、基本的には吉高由里子さん個人的な感想を言ってるだけで仲間さんの方は、何も気にしていないような感じですね。

こうのような不仲説が出たら『花子とアン』の制作関係者に迷惑が掛かるので、あまり良い印象を受けないような気がするので、出来るだけメディアを通じてはコメントしない方がいいような。

スポンサードリンク

大人ニキビNo.1クレンジング!
>>ディープミネラルクレンジング<<

コメントを残す

サブコンテンツ
お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP